HOME  >  COMPANY  >  SATFF BLOG  >  blog  >  【お知らせ】温泉ソムリエの資格を取得いたしました。
STAFF BLOG / スタッフ ブログ
2012 03 26

【お知らせ】温泉ソムリエの資格を取得いたしました。

「私、温泉分析表読めるんですよ。」

現在旅館プロジェクトをご一緒するオペレーション担当の方の一言から
スタートしました。

「温泉ソムリエの有資格者なんです。」

「へ~」と私。

「温泉ソムリエってだいぶ前から知ってはいるんですが、
資格取るのって大変ですか?」

「いや、講習を受けるだけですから、」

「そうなんですか。」とその時は軽く受け流していました。

後日、ホームページで「温泉ソムリエ」を検索。
出てきたホームページを見る限り「しょぼそう・・・」

でも来月ちょうど表参道で講習がある事を知ってとりあえず
申し込む旨をメールをしました。

その後、温泉ソムリエ家元なる「遠間和広(とおま かずひろ)」
さんよりメールがありました。

---------------------------------------------------------------------------------------------

★東京温泉ソムリエ認定セミナーご参加確認メール(3月20日開

催分) ※定型文にて失礼します

この度は「東京温泉ソムリエ認定セミナー」の参加申し込みをいただき、ありがとうございます。
「3月20日」のセミナー「1名様」のご参加申し込みを確かに承りました。
お越しをお待ちいたしております。

●1週間以内を目途にご都合のよろしい時に参加料「23,000円」(1名様分として)を下記にお振込くださいませ。

---------------------------------------------------------------------------------------------

「23,000円!結構取るなあ~」が正直最初の反応でした。

その後しばらく仕事に終われ、振込みを忘れていたところ再度のメール
 

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

過日は温泉ソムリエ認定セミナーのお申し込みをいただき、ありが

とうございました。

「確認メール」をお送りしたのですが、最近は、当方のメールが「スパム」と間違って認識され、
「迷惑メールフォルダ」に入ってしまうこともあるので、
念のためにアドレスを変えて再送いたします。
 
 

---------------------------------------------------------------------------------------------

「さすが、きめが細かい・・とても上手なフォローですよね。
相手に催促と取られないよう催促をする感じ。
さらに・・・・

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

【キャンセルのあつかい】

万一キャンセルされる場合は開催日5日前までに「返信」にてご連

絡くださいませ。
ご入金後のキャンセルの場合は事務手数料、送金手数料など一部を差し引いて、ご返金いたします。

ご入金、ご連絡がなく開催日4日前以降のキャンセルはキャンセル料をいただきます。(12,000円)
開催日前日以降のキャンセルやご連絡のない不参加に関しましては全額のキャンセル料が発生いたします。
キャンセルのご連絡をいただいた場合は必ず確認の返信をいたしますので、
その確認メールをもって正式なキャンセルとさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------

どうです。キャンセルに関する事もしっかり書いてあります。
たぶん、これかなり利くと思います。
さすが、家元、船井総研OB!

で、振込みも完了し、当日表参道を原宿駅方向から表参道方向へ。
しかし、休日の表参道、人が多い。人を避けながら会場へ

今回の会場は「新潟館ネスパス」3階
東京都渋谷区神宮前4-11-7「表参道ヒルズ」の裏です。
 

ほどなく会場について受付をすませ着席。
12:50きっかりに家元が登場して説明をはじめてくれます。

「全国から来るので10分ほどさばを読んで受付時間を設定してございます。」

「なるほど~、上手だな~。」
また家元の声がまさに噺家さんのように通るんですよね。
 

期待大。

わくわくしながら、会場を待ちました。

13:00キッカリに講義が開始されます。
用意されたテキストはなんと108Pに渡る本格的なものでした。

ソムリエ 001.jpg

また講義内容も、非常に面白いかつためになるもので
要点ポイントをしっかり抑えながらきっちり50分時間通り
さすが家元といった感じです。
途中10分の休憩をしっかりこなしながら13:00~17:00まで
温泉の成分分析表の見方のポイントをしっかり講義していただきました。
 

しかも、途中SNSなどで広めて欲しいとサービスカットまで用意して
もらいました。下のカット(温泉ソムリエ認定タオルを頭にのせ講義する家元)

ソムリエ-002.jpg

 

 

 

 

 

 

国の基準を知ることで、その基準外となった本来の数字の持つ魅力や意味を十分理解しえるとても有意義な時間でした。

今後、仕事先で温泉分析表を科学して魅力的な設えやお風呂などをデザインしたり素材を選んだりと言う事を考えれば講義の内容料金に対しては非常に納得の価格です。

「温泉ソムリエ」どうなの~?とか思っている方で
このページにたどり着いた方の一参考になればと考え記述させていただきました。

ちなみに、今回は何人くらい受講するのかな~と思っていたら
なんと「84名!」
思わずスマホの電卓機能つかっちゃいました。
84(人)×23,000(円)・・・・・

いくらになります?

 

なんと「¥1,932,000円」すごいでしょ~

一瞬思っちゃいました。別協会作ったら~♪とかね。

 タオルは温泉ソムリエ認定者にのみ与えられるタオルです。
温泉地でこのタオルを頭にのせている方を見たら「ソムリエさ~ん」と話しかけてみて下さい。

ソムリエ-007.jpg

今後は、温泉ソムリエ建築プロデューサーとして分析表から導き出されるお風呂の形や素材を科学していきます。ぜひ科学して欲しいという方ご連絡お待ちしております♪