HOME  >  COMPANY  >  SATFF BLOG  >  Sep 2009
STAFFBLOG / スタッフブログ
2009 09 30

STAFFblog-萬来軒

後藤1号より今回はグルメブログです。

先日、打ち合わせで社長同行で栃木県は栃木市に行った時のことです。

午前中の打ち合わせが終わり、ちょうど正午をむかえました。

社長が高校時代を過ごしたということもあり、
ランチは社長のお勧めのお店に行くことに。

そこで最初に向かったのが「大童」
ここはすでにお店の外に行列ができていたため

次の候補のお店へ

5分もしないで到着。
そこも駐車場がいっぱいでしたが何とか車を停められ、

お店の中へ

お店の中を見渡すと比較的年配の方が多い雰囲気。

そこでメニューを見てびっくり!!ほとんどのメニューが500円以下なんです。

めにゅう.JPG



学生当時社長も母校が近かったらしく
学校帰りにしょっちゅう寄っていたとのこと。
そのころから変わらない価格だそうです。

「みそらーめん」と「ちゃーはん」をごちそうになりました。
食べて見て、味と値段に満足です。

みそらー.JPG

常連さんが多いのもうなずける納得のお店でした。

そこから次の打ち合わせへ向かう途中

よく社長から噂を聞いていた伝説の一品「ホワイトぎょうざ」のお店へ

残念ながら月曜日のこの日はお休みでしたが
社長が熱くお勧めする一品
いつか食べてみたいものです。

 

人気blogランキングへ

F-MODE 後藤1号 

Posted by f-mode  |   blog  |  
2009 09 23

STAFFblog-旅館とホテル


今回、温泉めぐりに行ってきました

談話室.JPG


湯布院 旅館 
長門温泉 ホテル
有福温泉 旅館
玉造温泉 ホテル
城崎温泉 旅館
三河温泉 ホテル

旅館とホテルを交互に泊まってみると
それぞれの長所や短所がすごく良くわかりました


私はやっぱり部屋食が苦手かもしれません

食事の準備をして頂く時間もさることながら
狭い部屋の場合、布団を敷いていただくのを待つのが。。


和洋室でなくても2間続いていたら
あらかじめ敷いておいてくれればなと感じました


お食事を外で個室、
和洋室で布団でなくベット、
部屋にお風呂もほしい

と欲を出せば、お値段もそれなりなわけで、、、


今回の旅行で、サービス、コストパフォーマンス、雰囲気、風呂、食事

総合して一番良かったなーと思うのは 
長門温泉の大谷山荘 ホテルです


比較的安価なプランから用意されている割に、
施設はしっかりしていました

接客のお姉さんが皆さん美人だったのも、嬉しかったですが
朝のバイキングでお礼参りに帰ってきたと思われる
安倍晋三さんに遭遇

ちょっとテンションあがりました


こんなホテルと比較されて、
旅館としてはどうすべきか
難しい問題だなーと思います


今回のプランの中で
ホームページを見て素敵だったので
是非行きたいと思い予約した宿が2つあります

行ってみての感想は、、残念でした。

2件とも最近改装した旅館で内装は凝っています
サービスも努力が見えます
値段は17000程度で、部屋の大きさは10畳+4畳程度+広縁
食事は部屋、お風呂はナシ、

悪くないのですが、やっぱり・・残念。


そう思わせるポイントは3つ

1、 HPが素敵で期待度が大きくなってしまう
2、 もともと古い旅館なので階段が急で往来がしづらい
3、 金額と内容を考えると30000円でもっとゆったり、か
10000円でホテルの大きなお風呂の方が割安な気がした

ということなのかなーと思うのですが
書き込みを見てみると皆さん割と満足されているようで
私だけかもしれません


温泉街としてみると
城崎温泉がおもしろかったです

城崎温泉.JPG


朝から浴衣を着た老若男女が温泉街を
カランコロン音を立てて歩いています

昔から、外湯めぐりが盛んだそうで
朝から晩まで色んな宿のお客さんが歩いています

各宿では色とりどりの浴衣を貸し出しているので、
華やかですし

とにかく年齢層、客層の広さにびっくりしました



*おまけ

松江城は現存するお城12城の内の1城で
昭和に入って改修工事が行われています

松江城.JPG


写真にあるように
柱をいろいろな木を組んで作ると一本の太い木を用いるよりも
強くなるそうです

 

人気blogランキングへ

F-MODE 山口

 

Posted by f-mode  |   blog  |  
2009 09 17

STAFFblog-最近の其乃伍

こんにちは。後藤2号です。


最近の其乃伍は、雑誌や新聞などがきっかけでご来店頂くことが多々あります。

an・anやpen、日経MJや東京FM。

anan.JPG

→記事・雑誌一覧

正直・・嬉しいです。

お忙しい中取材に来ていただけることに感謝します。

皆さん流石、非常に分かりやすく其乃伍が表現されていて

感無量です。

ありがとうございます。


また、其乃伍のような雰囲気を気に入って頂き、

マジベヤ(中古マンションリノベーション)のご依頼につながったり。

工事風景や竣工後など、またレポートさせて頂きます!


路面店なので、

前回までのthe・オフィス!という雰囲気はもちろんなく、

個人的に、晴れの日にすぐに外に出ることができ、

なんだか幸せを感じます。

とても気持ちの良い環境です。


本日はフヨー株式会社の若山社長にお立ち寄りいただきました。

叱咤激励のお言葉をたくさん頂きました。

いつも亀田をはじめF-MODEをかわいがって頂きありがとうございます。


今後も日々前進の気持ちを忘れません!


みなさんもいつでも気軽にお越し下さい! 

店内.JPG

 

 

人気blogランキングへ

F-MODE 後藤(由)

Posted by f-mode  |   blog  |  
2009 09 09

STAFFblog-其乃伍オリジナル洗面台

だいぶ涼しい日もあったりで

秋の雰囲気が見え隠れしてきましたね。

汗かきの後藤1号的にはだいぶ過ごしやすくなった感じです。


其乃伍もオープンして2ヶ月が経ちました。

連日色々なお客様に来ていただき、

興味を持っていただけている感じがあり

スタッフも楽しめています。


週末も交代で出勤してお店を開けているので、

まだいらっしゃってない方も是非遊びに来てください。


さて、それで先週の土曜日が私の出勤だったのですが、

50人近くのお客さんがいらっしゃっていただけました。

近くのLimArt annexでイイダ傘店さんが雨傘展をやっていて、

そちらに行かれた方なども寄って頂けたようです。

イイダ傘店さんHP

この展示会だけでしか買えない

素敵なオーダーメイド傘を展示してらっしゃいます。

(9/13まで)


そんな中でも来店されたお客様から

質問をされた回数が多かった商品を紹介したいと思います。


ヒバ材の洗面台です。

DSCF8376.JPG



ヒノキと共に浴槽などでも使われる水に強い木でもあるのですが、

それに更に薄く撥水コーティングをしていて

木の質感を残しつつ普通の洗面台として使用できます。

↓撥水している様子がわかりますか?

DSCF8377.JPG



サイズもオーダー可能なのでご相談ください。


実際お店に展示してから蛇口がない状態が続いたので、

「賽銭箱」と言われることも多かったのですが、

蛇口がついた後は洗面台として認識してもらえホッとしています。


お店においでになった際には実際に水をかけて撥水の様子を

確かめてください。


 

 

人気blogランキングへ

F-MODE 後藤1号 

Posted by f-mode  |   blog  |  
2009 09 02

STAFFblog-結婚式

先月の頭にF-MODEで活躍していた元スタッフの

結婚式にF-MODEスタッフ一同で参加させていただきました。
 

R0013857.JPG



とてもキレイで感動しました。


亀田による乾杯の挨拶。

「苦手だよーーー!」

と言いながらもまとまっており

笑いも誘う挨拶で、安心しました。笑


余興もさせていただいて

こちらがそのムービーなのです。

PIKAPIKA×F-MODE  resource by youtube


上映終了後、涙涙の・・・   亀田。笑


とてもほっこりハッピーな気持ちになりました。


伊賀マツモトアサミさん、純くん、

ありがとうございます!

いつまでもお幸せに。

 

 

人気blogランキングへ

F-MODE 後藤(由)

Posted by f-mode  |   blog  |  
2009 09 01

Works-美容室独立開業セミナー

R0015153.JPG

本日は美容室独立開業セミナーを行いました。

今回は個別での対応だったので、代表の亀田も

深く話せてまた違った雰囲気でとても楽しかったと言っておりました。

ご参加していただいた方には暑い中お越し頂きありがとうございました。

毎月,ショップ「其乃伍」の一角にて行っています。

これを機会に個別での対応も増やして行きますので

独立を目指す「あなた」まずはお気軽に問い合わせ下さい。

事業計画書作成のサンプルや実績のご紹介

あなたのお店の規模スタイルを明確に出来る

シミュレーションも行いますので、

ぼやっとしたイメージが凛とする事を感じていただけると思います。

 

今後のご参加もぜひお待ちしております!

こちらよりお申し込み下さい。

Posted by f-mode  |   Works  |